【JR東海】グリーン車に安く乗る方法【優待券】

JR東海 金券

東海道新幹線でグリーン車に乗りたいって方も

結構いらっしゃいます。

 

金券ショップで扱ってる「新幹線回数券」で

グリーン席券ってのも存在はするんですが

いかんせん出回りが少ないんですね。

 

入荷したとしても、そんなに安くならないんですよ。

(安くなったとしても定価の1000円引きくらい・・・)

 

今回は、「グリーン車に安く乗りたい!!」って方のために

安く乗る方法をご紹介していこうと思います。

1.JR東海の株主優待券とは
JR東海の株主優待の公式HPです
 
こちらが、JR東海の株主優待券です。
JR東海
 
効力は公式ホームページから引用します
  • 1枚の優待券につき1割引です。
  • なお、優待券は同時に2枚(2割引)までご利用いただくことができます。
 
最大2割引きで行けるってことです。
 
効力の対象はこんな感じ
  • 運賃については、当社営業路線内の片道乗車券が対象となります。
  • 料金については、当社営業路線内の片道の特急券、急行券、グリーン券および指定席券が対象となり、改札口を出ずに片道行程区間内で新幹線相互を乗り継ぐ場合を除き、一列車のみを対象とさせていただきます。
  • 優待券によりご購入いただく乗車券等には他の割引の重複適用はいたしません。
    • 他の割引とは、往復割引、学生割引、団体割引、乗継割引、身体障害者割引、ジパング倶楽部などの割引をいいます。
 
よって、グリーン車使えるってことです。
 
次の項でいくら安くなるか
シミュレーションしてみましょう。
 
2.JR東海の優待券を上手に使う
JR東海の株優は金券ショップで
1000円前後で販売しています。
 
それを踏まえて
例えば、片道で東京ー新大阪(のぞみ)の
グリーン車に乗るときを考えてみましょう。
 
定価   :19,230円(高い!!)
割引額  :19230円×20%=▲3,840円
株優購入代:1000円×2枚=2,000円
合計   :19230+2000-3840=17390円
 
19,230→17,390円
(1,840円オトク!!)
お弁当代は軽く浮いてきますね!
 
もちろん、京都、名古屋でグリーン車使う場合も
オトクになります。
 
(普通指定席でも安くはなるんですが、
次に説明するデメリットを考慮すると、
回数券を買った方が楽チンです)
 
=================
ここで注意点!
JR「東海」の株主優待なので、東海の窓口でしか
使えないってことです。
 
つまり、みどりの窓口では使えないってことです
 
都内・近辺だと、JR東海の窓口は
東京駅、品川駅、新横浜駅
の3つくらいですかね。
 
購入するのにちょっと不便ですかね。
(窓口全部統一してほしいですよね、
ユーザーに不便なことしかないのに!!)
 
JR東海株主優待割引券
グリーン車に乗るときにぜひ活用してほしいチケットです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました