【行政書士 独学】一度は失敗したが、再び独学で合格したときの勉強方法を語る③【民法】

勉強 勉強

勉強

こんな方が読むと有益かと思います。
〇民法の苦手を克服したい
〇民法の超おススメ参考書がある!!
【行政書士 独学】一度は失敗したが、再び独学で合格したときの勉強方法を語る③【民法】
民法ニガテーーー!!
って方は非常に多いんじゃないでしょうか。
 
過去問は完全にできる、
でも初見の問題は中々太刀打ちできん!
んで、基本書に戻って基本からやり直す!
 
っていう無限ループにハマって、やんなっちゃう。
 
そんな方に結論から申し上げましょう。
過去問だけでは圧倒的に知識が足りません。
 
だって条文だけでも1000以上あるんですよ。
判例の知識も加えたらもっと多くなる!
 
それくらいのボリュームがあるのに
過去問だけで足りるわけがないですよね!!
 
私が1回目に失敗した原因はまさにここ!
「うーし、過去問完璧やで!本試験も余裕や-!」
 
当然撃沈。
 
自信をもって回答できた問題なかったかもしれません。
 
それもそうですよね。
過去問で出た問題を再度出すほど甘くないですよね。
 
 
繰り返し言います。民法に関しては
過去問と、基本書だけでは圧倒的に知識が足りず
負け確定です。
 
それじゃどうすりゃいいのよ??
 
この本で受かりました。
過去問と基本書をみっちりやったのちに
さらに深い問題演習をするためにこの本を買いました。
 
公務員試験定番のスーパー過去問
(通称:スー過去)
 
おススメする理由はこんなところ
〇豊富な問題パターン
〇重要論点は反復して練習できる設計
〇行書の基本書より、試験テクニックが豊富(笑)

行書問題集にくらべ問題数が圧倒的です。

同じ論点を聞き方を変えて、繰り返し問うてくる

これがすごい!

定着率ハンパないです。

 

また、試験テクニックなんかも

行書の基本書より豊富です(笑)

例えば、制限行為能力のところ
「保佐人」「補助人」のところは、非常に
紛らわしいので試験的に出しやすいんですよねー
だから、ここで問題パターンをたくさん練習すれば
差がつきますよーとか

保佐人・補助人は民法の中でも

ややこしさ・紛らわしさMAXの分野でしょう。

この分野の問題演習は、

行書の過去問・問題集では正直全く足りません。

 

スー過去はこのあたり、様々な問い方で論点整理

してくれています。スバラシイ!!

 

また、様々な問題パターンに触れることで、

記述式への対応力も増します。

記述式で撃沈するのは、論点抽出ができないこと

が一番多いみたいですからね!

 

「うわー、こんな論点きいたことねえー」

っていう悩みをなくすには

たくさんの問題パターンに触れるのが

いいですね!!

大事なところなどでもう一回
民法がニガテーーー!!
って方のほとんどは、
「ただ単に知識不足で点が取れない」
ってところに起因していると思います。
 
そりゃそうですよね、
試験対策の本を買って、それを信じて
勉強しますもんね、普通は。
 
ただ、やはり出版もビジネスですから
知識を盛り込みすぎてもページ数が膨大になって
売れなくなっちゃうし。
オトナの事情ってやつですな。
 
もちろん、基本書は大事です。
法律の理解の骨格となるところですからね。
 
タダ、試験で問われるのは
幹からでている枝のところ!
 
基本ばっかり出題したら、
みんな受かっちゃいますから。
 
行書のテキスト・問題集のみでは
知識不足で撃沈必至!!
 
スー過去で様々な問題を浴びるようにやりましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました