【行政書士】行政書士試験に一度失敗したわたしが、再び独学で合格したときの勉強方法を語る①【全体像】

勉強 勉強

勉強

行政書士バッジもってたらかっこいいなあ

金かけずに国家資格ほしいなあ

っていうしょーもない動機で勉強を始めたのが

きっかけです。

 

現状、行政書士として仕事もしてません。

なんなら行政書士会にも登録していないので

ただ試験に受かっただけです。

受かった時の私の状態
〇30歳の個人事業主(リサイクル業)
〇大学は化学専攻卒業

 

結論からいうと2年連続チャレンジして2年目で受かりました。

1回目に落ちた時にしっかり反省して

2回目で合格って感じです。

 

今回は1回目で分析した反省点

紹介していきます。

 

また、続編で各法律ごとの攻略法を

紹介していく予定です。

こんな方が読むと有益かと思います。
〇独学で行政書士試験に受かりたい!!
〇独学の勉強方法について方法論を知りたい

 

3構成です。

1.動機をしっかり持つ

2.勉強する期間を決める

3.勉強する教材を用意する

 

1.動機をしっかり持つ

私のようにしょーーもない動機でも十分ですが、

他にも

「行政書士で仕事の幅を上げたいんだ!」

「司法試験にむけて、合格して自信をつけたい!」

など真っ当な理由でももちろん大丈夫です。

ここがちゃんと設定できていないと

勉強しているうちに自分を見失います。

「うわー、俺何してんだろ」って。

 

私の場合は繰り返しになりますが

「行政書士もってるんだー、お前すげえ!!」

っていう承認欲求を満たしたいがため、

金をかけずに独学で国家資格をGETしたい

とかいうしょうもない理由で

日々勉強していましたね(笑)

目標・動機を確実に設定する
 
2.勉強する期間を決める
だらだらやっていても、
効率も成果も出ません。
 
1年目で最も失敗したなあと思う点はココです。
1年で受かるやろーとタカをくくっていると
あっという間に残り3か月。
ぎえー!模試で全く点が取れない―!!
となるのが関の山。
 
行政書士試験はボリューム的にも
正直、6か月で攻略すべき試験だと思います。
 
30文字記述も、条文と有名判例が頭に入っていれば
点は取れます。
 
司法試験のような長文を書かなくていいので
深い理解など要らんのですよ。
 
こんなプランがおススメかと思います。
3か月間・・・全体像の把握(基本書⇔過去問)
2か月間・・・細かい論点をやる
1か月間・・・模試チャレンジ、作文練習
最初の3か月
基本を徹底して叩き込みます。
全体像の把握は過去問+基本書の往復でOKです。
まずは法律の仕組みを理解するところから始めます。
 
次の2か月
基本を理解したところで、次は細かい部分。
手続法などの条文の細かーいところも暗記していきます。
憲法、訴訟法などは細かいところの判例も暗記です。
 
最後の1か月
模試をうけて6割~7割取れるのがベストです。
ここで3から4割だとまず本番で受からんでしょう。
作文練習もここで盛んに勉強しました。
自分で問題をつくって、
それの問答集とかも作ってみたりもしましたね。
6か月で集中的にやるべし
 
3.勉強する教材を用意する

私が使っていたのはLECの本です。

コレ、おススメ!!

書籍・参考書 - 行政書士|LEC東京リーガルマインド
LEC東京リーガルマインドの行政書士試験対策用、書籍・参考書を紹介します。

 

初年度、他の会社の本で勉強していたのですが

はっきりいって、試験に立ち向かうには

知識量が全く足りません。

基本部分しか書かれてないからです。

 

いくら要領よくまとめられている教科書とはいえ、

過去問見てもわかるように年々問われるところは

細かいところになってきています。

 

基本はできて当たり前なので、

選択肢には採用されづらくなっていると思いますね。

 

LECさんの場合、かなりのボリュームです。

他の会社に比べ問題量は圧倒的に多く

掲載されています。

いろいろな問題パターンを研究できるわけです。

 

=====================

とはいっても、個人で向き不向きがあるのでアレですが

一番やっちゃあいけないのが、

色々と浮気すること

一つの会社に絞ったら、問題集とか基本書とか

統一した方が絶対イイです。

必ず、問題集⇔基本書でリンクしていますからね。

 

基本書のデザインはこっちの会社の方が見やすそう!

問題集はこっちの会社が豊富だね!

やっちゃあいけません(笑)

教材は一つの会社に絞ろう

 

あとはこのご時世、

独学の場合は動画もバンバン活用するべきです。

youtubeとかで「民法 講義」とか

検索すればたくさん出てきます。

理解出来たら、本だろうが動画だろうが

関係ないですからね!

 

やはり本よりも動画の方が

理解スピードは早いです。

教えている人も上手いんだなあこれが。

動画を活用しない手はない
 
とまあ、全体の方法論を書いてきました。
今後は各法律ごとに対策を書いていこうと思います。
 
次回は憲法の対策書いていきます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました