【株主優待券】航空会社の株主優待を上手につかう方法

日々の取引の中でしょっちゅう取引しているのが株主優待券。

数年店頭に立っているがまだまだその存在を知らない人も多いです。

今回はその株主優待券って何?ってところからおススメの使い方までご紹介していきます。

今回は優待の中でも特にメジャーな航空会社の株主優待をご紹介していきます

  1. そもそも株主優待券って何なのよ??
  2. 航空会社の株主優待券の効力
  3. どうやって使うの?
  4. こうやればうまく使える

 

そもそも株主優待券って何なのよ??
ある会社の株を保有していると、その会社から「うちの株を持っていてくれてありがとねー」とお礼の品をもらえます。これが株主優待です。
 
株主優待券はそのお礼が「チケットタイプ」のもの言います。
 
例えばマクドナルドの株主優待券だったら、バリューセット引換券や
吉野家の株主優待券だったら300円分使えるチケットが10枚など
 
会社ごとで様々な種類のチケットを発行しています。
 
航空会社の株主優待券の効力

では、航空会社はどのような株主優待を発行しているのでしょうか。

ANA(全日空)を例にとって見ます。

 

以下ANAの株主優待制度(公式ホームページ)のリンクです

株主優待のご案内 | 株式情報 | 株主・投資家情報 | ANAグループ企業情報
【ANA公式サイト】ANAグループの経営計画や財務&#...

 

「国内線」の「普通片道運賃」が「約50%OFF」になります!

正直、定価の片道運賃がバカらしく感じるくらいの割引率です。

(この割引率は航空会社によって変わってきます)

どうやって使うの?

手続きはいたって簡単!

公式HPの予約画面から「株主優待割引」を探します。

その際に株主優待券にあるパスワードを入力して予約するだけ!

手間なことは一切ありません。

こうやればうまく使える

安く行けるんだったら早割とか宿パッケージの方がイイじゃんか!

たしかにそうですが、ものは使いよう!

 

早割などは確かに安くはなりますが、

キャンセルや変更ができないといった縛りがあります。

 

株主優待券のいいところは

席が空いていれば前日・当日でも使えます

 

急な出張や地方への冠婚葬祭などで飛行機を使うときに威力を発揮するわけです!

 

 

このように知らないと損をするような破壊力のある効果を持った株主優待券!

飛行機に乗るときの選択肢の一つとして是非覚えておきたいアイテムです!

ANAの株主優待券・・・国内線の普通片道運賃が約半額になります

 

まだまだブログ初めて数日。

全然書き方慣れませんが徐々にパワーアップしていきたいです!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました